かなりピンクなは・な・し♡

どうも!

いしがきです!

最近はバイトやら部活やら忙しく過ごしてます〜

空いた時間も遊ぶ予定入れちゃうからブログ書けなかった!笑

f:id:naotoishigaki:20170321211613j:plain

 

実は3月からラブラ万代店のauショップでバイトしているので、万代に遊びに来た際には寄ってみてください!

バイト探してる人いたらauショップおすすめ!!

仕事内容は受付と案内なんだけど、全然難しくない

そして何より時給が良い!

日中働いて1100円!!!

新潟だったら800~900円ぐらいだからすごい良い方だと思う

だから手っ取り早くお金稼ぎたい人は本当におすすめ!

f:id:naotoishigaki:20170321213312p:plain

 

バイト中、お客さんが来ないと暇な時も沢山あって

そういう時はスタッフの人と話したり、ぼーーっとしてるんだけど

今日はぼーーーっとしてる時に思ったことについて書きます

 

何を隠そう、その考えていたことは

めっちゃピンクな話♡!!

 

 

「おいおい、そんなことブログなんかに書いていいのか」と思った人!

 

違うんです!!!

 

今日書こうとしてるのは文字通り本当に”ピンク”な話!笑

 

どういうことかと言うと

少し変なことを考えている時にふと

「なんでピンク色=エッチなことなのかな〜」

って思って(何を考えてたかはご想像にお任せ。笑)

 

ピンク色は主に女性が好む色だけど、それと同時にエッチなものもイメージしてしまう!

それがなんでなのかな〜と疑問に思った

 

みんなが生まれてきたときからピンクが性的なイメージカラーなのか

それとも誰かがピンクをエッチな色にしてそれが広まったのか

 

 

どうなんだろう〜とあれこれ考えて

その時一応僕なりに出した結論が

 

ピンクは乳首の色だから

 

になりました笑

 

でも中には茶色い人もいるし、よく考えたらあまりにひどい結論だから

ますます気になり家に帰って調べることに!!!

 

f:id:naotoishigaki:20170321213710j:plain

 

 

 

そしたらなんと!!!

 

びっくらぽん!!

 

エロティックな色は国や文化によって違うことが判明!!

 

アメリカなどの英語圏では「青」にその意味があり

成人向け映画は「blue film」、卑猥な冗談は「blue joke ,blue humor」と言うらしい!

 

他にも中国だと「黄色」だったり

スペインだと「緑」、イタリアは「赤」だったりするらしい!

 

 

逆にアメリカなどの英語圏ではピンク色は赤ちゃんの肌を連想するため、むしろ「健康的」なイメージがあり「be in the pink」で「絶好調」となるみたい!

 

 

国や文化によって本当にバラバラ!

 

じゃあなぜ日本ではピンクがエロティックを象徴しているのかというと

 

1962年に協立映画製作、大蔵映画配給の『肉体の市場』が公開。「成人指定」「独立プロ製作」「劇映画」という3つの要素を満たした最初の作品として、この『肉体の市場』がピンク映画第一号とされている[17]。
この頃、ピンク映画という言葉は無く、「お色気映画」などとも呼ばれていたというが、夕刊紙「内外タイムス」文化芸能部の記者で、後に映画評論家の村井實(村井実)が1963年に関孝司監督、沼尻麻奈美主演の映画である「情欲の洞窟」を取材した際、「おピンク映画」とこれらの作品群を呼ぶ造語を作り、その後「お」が外れてピンク映画という言葉が誕生したと言われる。  Wikipedia参照

つまり、村井實(村井実)さんが作った造語が広まったというわけ!

他にも諸説あり

ピンクのイメージで猥褻な色だと日本が考える背景として、山田(197)は中国の五行思想の 影響で、赤と白の混合色、つまりピンクがその中間色であることから、そのようなイメージと捉 えることが多いという。その一方で現在ではピンク色は女性に好まれ、女性らしい色だと考える 人も多いのではないだろうか。

http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/atomi_com8_23.pdf?file_id=33936

 

ということもあるそうな!

 

「ピンク色がエロティックなのは乳首の色だから」

っていう文献が見つからなくて、一安心。笑

 

色って面白いな〜と思いつつ、もう少し調べてみると

国や文化によって色の捉え方も異なっているらしく

虹の色の数は日本や韓国では7色としているが、カメルーンのバサ語圏だと2色としてるそう!

 

 

同じものを見ているはずなのに、その国や文化によって感じ方、捉え方が違うというのは面白い!!

文化の違いを”色”っていう観点から考えたことがなかったので驚きが多かった!

当たり前も当たり前じゃないんだな〜

 

 

色って奥深い!!!!

皆さんも是非色々調べてみてください!

 

 

 

ということで今日のまとめは

 

ISHIGAKI  is in the pink!!!!!

(いしがきは絶好調です)

です。笑

f:id:naotoishigaki:20170321214147j:plain

去年の夏ごろは髪がピンクでした笑

 

ということでまた次回!!!

タンクトップヒッチハイクの後編も早く書かなきゃ!笑